クーラントって?

| 未分類 |

エンジンが動いている最中は、エンジン内部でガソリンが爆発燃焼を繰り返しています。
その時に、発生する熱をそのままにしていますと温度が上がりすぎてエンジンのピストンやシリンダーが焼きついてしまいます。
このようなことを防ぐために冷やす液体がクーラントになります。
エンジン周辺部にあるパイプに流す}PgžxQことで冷却します。
当然エンジンの熱を受け取った液体は、熱くなります。
この熱くなった液体を冷やすための装置が、ラヂエーターになります。
ラヂエーターは車の前面からボンネット内部を覗き込むと、細かなフィンが組み合わされたものが見えます。
これがラヂエーターです。
ラヂエーターで冷やされた液体は再びエンジン部分へ流れ、冷却をします。
主成分はエチレングリコールや防錆剤・水です。
冬季など気温が下がったときに凍らないように、成分が調整されています。
もし、凍った場合エンジン周辺や内部のパイプが破れてしまい、大変なことになってしまうからです。
最近ではほとんどが、LLCといい長期間交換不要のものが使われています。
4万kmか2年毎に交換するといいでしょう。
交換を怠ると、凍ったり配管内部の錆びにつながりますので注意が必要です。
また、最近では10万km交換不要などといった商品も出ています。