燃焼室って?

| 未分類 |

燃焼室では、エンジンの圧縮や爆発をしています。ここには、ピストンがあり、ピストンが上下しています。エンジンのトラブルの約八割はここで起こっています。汚れによって問題が起こっている場合が多くあります。この空間で行われる圧縮や爆発によって燃えカスが発生します。この燃えカスがたまることが、トラブルの原因となっています。また、燃費にも影響をして、性能を低下させます。アイドリングも不安定になります。この燃えカスのことは、}PgžxQカーボンと呼ばれています。定期的な洗浄が必要な部分なのです。非分解の洗浄は注目されています。洗浄剤を直接注入してカーボンを溶解するのです。洗浄後はアイドリング運転などを行います。するとマフラーから自然と汚れた洗浄液が排出をされます。そして、吸気の効率もアップします。排気ガスもきれいになる効果があります。燃費も向上し、動力性能も上がるのです。これは、低年式の車に一層効果の期待できるものです。薬剤よって短時間で、根本的な解決をすることが可能なのです。また、エンジンの始動が上手くいかないことがある場合や、発進のときの不調を改善するためにも洗浄は行われます。エンジンの振動が気になるときにも改善が期待されます。